リロケーションユーザ

リロケーション物件を直接管理するのは、既存の不動産業者か専門業者である場合がほとんどですが、あくまでもオーナーは一般人である事が基本です。
不動産経験も知識も、場合によっては定期借家権への見識すら乏しい一介のサラリーマンだったりするのです。
それでもビジネスとして成立できるのがリロケーションのおもしろいところです。

もちろん契約を交わす時にはきちんと知識を持った専門家が仲介してくれますから、安心してください。
リロケーションとは海外を含む遠方への転勤を余儀なくされたサラリーマン一家が、持ち家を空き家にするわけにいかないので、代りに管理してくれる人を求めて始めるシステムを意味しています。
中には住宅ローンの返済がまだまだ何年分も残っているという人も多いですし、親戚にも留守を頼めずに困っているという人も多いです。
いずれにせよ住居に風を通してもらえるだけでもありがたいと思っている人たちですから、通常の賃貸住宅を借りるよりもはるかにお得ですし、高嶺の花だった戸建物件に一時的にでも入居できるというメリットもあります。
また往々にしてセレブな人も多いですから、家のグレードも高いものが多いです。

ただし期間限定の入居である事を忘れてはいけません。
アンティークを1つでも破損したり汚したりすれば弁償責任が発生します。
それでもいいから家が欲しいという人たちが応募してきますから、細々としたところまで念入りに契約を交わさなければなりません。
後々トラブルにならないためにも、入居前の条件はしっかりとお互いに確認をしておきましょう。
今回のお話はリロケーションを利用する人の特徴についてです。



〔管理人推奨リンク〕
リロケーション業者のサイトです。転勤などで留守になる自宅を管理してもらえます ・・・> リロケーション業者